顎 ニキビ 治らない

顎のニキビが治らない人へ(洗顔編)

顎ニキビが治らない悩みはとても深刻です。痛い思いをしたことのある方も多いでしょう。
一旦ニキビができてしまうと、何日も痛みや腫れが続き更に悪化する場合もよくあります。

 

大人ニキビといわれるニキビの多くが顎にできるニキビです。
顎にはほとんど汗腺が無く皮脂腺のみでできています。
そのため毛穴のつまりが多くなりニキビが発生してきます。

 

ニキビができる場所として一番最初に思いつくのがTゾーンや小鼻周りですが、
Tゾーンや小鼻周りのニキビは汗をかきやすいため肌が保湿されます。

 

しかし顎は汗腺が少ないため乾燥しがちです。
顎ににきびができた場合、お肌の乾燥状態が続き、更に皮脂分泌がされるため
治りにくい大人ニキビになるのです。

 

 

そんな大人ニキビの代表である顎にできるニキビの原因をご存知でしょうか?
顎ニキビの一番の原因は、やはりホルモンバランスだと言えるでしょう。

 

特に女性は生理周期があるため、ホルモンバランスが常に変化します。
黄体ホルモンという女性ホルモンの一種が増えると皮脂の分泌を活発にします。
そのため皮脂腺の多い顎に機微が増えるということです。

 

 

大人ニキビの代表である顎ニキビのお手入れはどうすればよいでしょうか。
どんなニキビにも共通して言えることですが、毎日のクレンジングや洗顔で
顔に負担をかけないことが重要です。

 

やさしく負担をかけずに洗顔し、フェイスラインや顎周もしっかりお手入れします。
もちろんすすぎも十分行ってください。
洗顔料の洗い残しはお肌に大変ダメージを与えますので
ニキビを悪化させる要因となります。

 

洗顔以外にも食生活や規則正しい生活をすることにより、
お肌の状態をよりよくしていくことができますので、
あらゆる面からケアすることが、ニキビ治療への第一歩となるでしょう。

顎ニキビの原因

ニキビは頬や頬、時には背中にできますが、なぜ顎ニキビができるのでしょうか。
ニキビにはいろいろな種類があり、治ったと思うと、またできることがあります。
では、顎ニキビができる原因とは何でしょうか。

 

 

■顎ニキビの第一の原因は暴飲暴食
暴飲暴食とは食生活の乱れです。
例えば、油っこい食べ物や、ポテトチップス、あるいはハンバーガーなどを食べすぎると、
その結果が肌にあらわれ、顎ニキビができる原因になります。

 

食生活が偏食で不定期だと便秘になり、便秘になると、顎ニキビができやすくなります。
腸の異常はお肌に影響するのです。
ここで注意したいのは、これらの食べ物を食べたからすぐに顎ニキビができるのではないことで、
食べ過ぎるといけないということです。

 

つまり食事は栄養素のバランスを考えることが大切になるのです。

 

 

■ホルモンバランスが崩れると顎ニキビができる
誰もが成長過程で経験するのが思春期のニキビです。
この理由は、思春期には成長過程でホルモンが大量に生産されるからです。
ですから思春期にはホルモンバランスの調整ができなくなり、発生した皮脂がニキビになります。
また、大人でなかなか顎ニキビが治らないのは、主に生理前にホルモンバランスが崩れがちになるからです。

 

 

■ストレスは顎ニキビの大敵と心得る
現代社会はストレスが多いと言われていて、ストレスは顎ニキビの大敵になります。
なぜストレスが顎ニキビの敵かと言いますと、ストレスは自立神経がバランスを崩すからです。

 

自律神経は、身体を活発にする交感神経と、夜に身体を休ませる副交感神経があり、
これらがうまくバランスを保つことが必要です。

 

しかし、夜になっても交感神経が強いと身体を休ませるための副交感神経が働かず、
したがってリラックスして休むことができません。
これが自律神経のバランスの崩れで、ストレスがあると、この状態になります。
自律神経のバランスが崩れると身体のメカニズムの関係で男性ホルモンが活発になり、
その結果皮脂が大量に発生してそれが顎ニキビとして現れます。

 

 

■顎ニキビができる原因のまとめ
顎ニキビができる原因はこのように油っこい食べ物の食べ過ぎと、
生理前のホルモンバランスの崩れ、そして自律神経の乱れから来るストレスです。

 

したがって、肌の表面を清潔にするのも大切ですが、根本的にはバランスが悪い食生活と
ストレスを溜める日常生活の乱れが顎ニキビができる大きな原因になります。